スーパーカマグラは通販に限る!早漏防止する秘伝の技

スーパーカマグラは通販に限る!早漏防止する秘伝の技

早漏を改善

早漏とは、正確な定義がなく曖昧なものであるため自己判断するのは難しく考えすぎてしまったり思い込んでしまいすぎると思い込みで症状を発症してしまうことがあります。
決まっている定義は女性が絶頂をむかえる前に男性が射精してしまうこととされており、正確に何秒または何分という時間的な定義がなく大体で判断することも少なくなく、日本では1~2分ほどで射精してしまうことと考えられています。
また挿入後のピストン運動の回数によって判断することもあり10回ほどで射精してしまうことも判断の基準になることがあります。
原因には2種類あり、心因性と呼ばれるものと器質性と呼ばれる肉体に問題の2つあり、心因性は先ほども記載している通り考えすぎや思い込み、あるいはストレスや過労によってなどもおこると言われています。
器質性には脳の異常な興奮が挙げられ自分の射精感をコントロールすることができなくなってしまうことや皮膚過敏など陰茎の皮膚が刺激に弱いことが考えられ包茎の男性に多いと言われており、包茎でなくても自体が刺激に弱く挿入後に膣の刺激に耐えることができなくなってしまい、すぐに射精感が訪れてしまうと言われています。
心因性の場合の治療法は心理的な療法を用いて心の問題を解決していく方法になり、心の奥深くに原因が隠れてしまっている際には治療に多くの時間を要してしまうことがあり症状をなかなか改善できないこともあります。
また器質性の場合には包茎であるなら外科的な治療によって治療を施したり、刺激に弱い時にはリドカインなどの局部麻酔などを用いて一時的に陰茎の感覚を鈍くさせることができます。
脳の興奮にはダポキセチンと呼ばれる抗うつ剤を用いて治療を行い、セロトニンの不足によって脳の興奮をコントロールすることができなくなってしまっているためダポキセチンを使用することでセロトニンを補い脳の興奮を鎮めることができるようになります。
パートナーとの性行為で男性だけが絶頂をむかえている状態は決していい状態ではなく、女性の性的欲求が満たされることがないため辛い思いをしている可能性もあるので早期の治療を行い早漏を改善していきましょう。